2011年02月02日

定期健診終了






翔太郎が去年、細菌性髄膜炎で入院してから

(ブログ:2010年10月18日記録)

退院後も、1ヶ月に1回のペースで退院後のフォロー通院をしていたけど

特に変わった様子もなく、順調ということで

1月の通院をもって、終了となった。




受診するたびに、先生に聞かれることは

耳は良く聞こえているか?

急に頭が大きくなったり、すごくフラフラしたりしてないか?

ということだった。




髄膜炎の後遺症で、難聴になる可能性と水頭症になる可能性を

先生は心配していた。



家では、遠くから名前を呼んでみたり

耳のすぐそばで音の出るおもちゃを鳴らして

右耳も左耳もちゃんと反応するか、時々チェックしていた。




水頭症についても、気にはしていたけど

まだつかまり立ちの段階でフラフラするのは当然だし

もともと頭はかなり大きいので、ちょっと分かりづらい(笑)




水頭症になっていたら、頭の手術をしないといけないのだけど

難聴にも水頭症にもなっていないので、とりあえず安心。




いろいろ調べると



このまま後遺症は出ない、と書いてあるものがあるし

今出ていなくても、これから発達障害や知能障害が出てくる可能性もある

と書いてあるものもある。




何を信じればよく分からないけど


確かなことは


翔太郎が成長するにあたり

てんかん、知能の発達、難聴の有無、四肢の麻痺などを注意して

見守っていかないといけないということ。



小学生になっても。中学生になっても。

ずっと。





細菌性髄膜炎というのは、そういう病気。




横浜市もワクチンが無料化になったということで

さっそく翔太郎は受けに行こうと思う。

(祐一郎は有料で接種済み)
posted by みどっち at 23:10| Comment(3) | 妊娠・出産・育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>てんかん、知能の発達、難聴の有無、四肢の麻痺などを注意して
>見守っていかないといけないということ。
>小学生になっても。中学生になっても。
>ずっと。

まぁ、親は子の成長を見守っていくんだよ。
ずっと。

何も無くとも注意して見守っていこうと思いました。

あ〜、ウチは知能の発達は無理かなぁ?(笑)

Posted by まっせ at 2011年02月03日 09:52
髄膜炎ってそんなにやっかいな病気なんや。
知らなかった〜。

私はみどっちの日記みて、別に受けんでもいいかと思ってた肺炎球菌ワクチン、急遽受けたよ。

あとあとになって影響が出てくるかもしれんってほんま怖いけど、まぁ、それだけでなく、どーせ親は見守る事から初めなアカンからじっくり見守っていこうね^^
Posted by TERA at 2011年02月03日 14:20
まっせ

先日、翔が発熱したときはドキドキしたよ。
子供の病気は突然だし、何が起こるかわからないので緊張するね。
言葉で表現できない子供だと、親の観察力がすべてだし。

翔が髄膜炎だと分かる前、「泣き方がいつもとちがう」という直感があったよ。
親の直観力も大切だなって思った。


TERAちゃん

髄膜炎を知らないっていう人は多いね。
母親教室で習うわけでもないし。
出産した病院で教えてくれるわけでもないし。
生後二日目から患う子もいるんだよ。

これから生まれてくる第二子にも打ってね。
生後2ヶ月から打てるよ。
Posted by みどっち at 2011年02月04日 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。