2010年11月29日

ワクチン





翔太郎と同じ病気になるとイヤなので

祐一郎に、肺炎球菌ワクチンとヒブワクチンを打たせました。


「今日は注射チックンするよ。痛いからね。泣いてもいいぞ〜!」

と言うと

「泣かないよ!」



右腕と左腕、2回も針を刺されたらさすがに泣いた(笑)



かかりつけの小児科では、ワクチンを打つとシールをくれるので

会計を待ってる間、まだ泣いていたから


「がんばったからシール貼ってあげようね!どれがいい?」


と言うと、ピタリと泣き止み


「うーんとね、うーんとね、、、コレ!」



単純でかわいい(笑)




帰り、抱っこオバケの祐一郎は

「抱っこ〜!」とせがむかと思ったけど

このところ、理解力が高まってきているせいか

きちんと説明すると、納得できるようになってきて



「ママは荷物を持ってるから、抱っこ出来ないからね。

(片手あいてるけど)

アメちゃんあげるから、頑張っておうちまで歩こうね。」



「うん。ハイ!」



ゆっくり歩いて20分。

棒つきのアメをずっとなめながら

手の甲に貼ったシールを気にしつつ

ママと手をつないで家まで歩けました。


posted by みどっち at 22:52 | TrackBack(0) | 妊娠・出産・育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

春にそなえて





毎年毎年、春になると花粉症に悩まされる自分。

来年の春は、今年の猛暑の影響で

花粉がすごいらしいじゃん(涙)




今は育児休業中、春には仕事復帰する予定。

鼻水ダラダラ(というよりジャージャー)での仕事はイヤ・・・



ということで


昨日、かかりつけの耳鼻科で

レーザー治療をやりました。



10月〜12月に治療するのがいいらしいので。

(1月になると予約でいっぱいになるとのこと)




鼻の粘膜を焼くと粘膜が縮み、はなづまりには特に効果があるとのこと。


根本的にアレルギーを治す治療ではなく、あくまでも症状を軽くするためのもの。


レーザーをしても花粉症の時期には抗アレルギー剤は飲まないといけないし


シーズン毎にレーザー治療を受けたほうがいいらしい。




麻酔に10分ほど、レーザー照射が5分ほど。

数日後に外来で鼻の掃除。








麻酔と言っても、注射をするわけではなく

20cmくらいのガーゼ(麻酔薬が染み込んである)を

鼻の穴に3本ずつ

ぐぃんぐぃん

と入れられる。


すごーーい奥まで入れられるもんだから・・・痛い(涙)

反射で涙がぽろぽろ。




レーザーはまったく痛くないけど

長ーーーーーい棒が、鼻の奥まで入ってくるもんだから

なんだかすごく怖くて、背中を反らせて握りこぶし作って耐えた(涙)




注射針を刺したほうが怖くないかも(涙)




これで来年の春は、滝のような鼻水生活が少しは楽になるといいなあ。



効果がありますように・・・



posted by みどっち at 23:55 | TrackBack(0) | ぷらいべ〜と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。